レビトラは初めてED治療薬を使用する方に適している

header

レビトラがED治療薬として効果があるのは、EDになる原因物質に作用する仕組みがあります。

男性が勃起をする為には、性的刺激や興奮を受け脳から神経伝達物質を発信し、陰茎の中に血管を拡張させる作用を持っている環状グアノシンーリン酸を生成します。

環状グアノシンーリン酸の働きによって陰茎海綿体に繋がる血管が拡張され、血流が流れ込みスポンジ状の海綿体が吸収し膨張します。

環状グアノシンーリン酸が生成されたままでは勃起状態が続いてしまうので、それを収めるためにPDE-5という酵素を放出します。そのPDE-5によって環状グアノシンーリン酸が壊され通常の状態にもどります。

環状グアノシンーリン酸は、精神的な理由や、加齢などによって放出される量が少なくなってしまいます。

放出される量が少なくなっているのに対し、PDE-5は変わらない量が生成されているので、勃起しなくなってしまいます。

PDE-5阻害薬とも言われているレビトラの仕組みは、勃起をするために必要な環状グアノシンーリン酸が、PDE-5に破壊される前にPDE-5に取りつき、PDE-5の働きを阻害します。

勃起状態を鎮めようとする酵素がなくなるので、環状グアノシンーリン酸の活動が邪魔されることなく機能できるようになり勃起不全を解消します。

レビトラは即効性もあり高い効果を得られるので、初めてED治療薬を使用する方にも適しています。勃起のメカニズムを根元から支える成分です。